飼い犬の登録と変更

犬を飼う際には注意が必要です。
人と同じように登録する必要があります。
法律上、犬が生まれてから91日以上の場合には登録と狂犬病予防接種が義務付けられています。

これは一度登録することで、一生有効です。

また、犬を飼い始めたら30日以内に、居住地の市町村もしくは保健所または、市町村から委託されている施設で犬の登録を行い、鑑札を交付してもらう必要もあります。

犬が生後90日以内の場合には、生後90日後30日以内が登録の期限になっています。
つまり90日+30日=120日になりますが、要は120日以内に犬の登録を行いなさい、というお達しです。

狂犬病予防接種は生後91日以内に行うと先に記しましたが、これは1回だけではなく、毎年1回受ける必要があります。
その際に接種をしたという注射済票の交付を受けて、鑑札と注射済票は常に犬につけておかなければなりません。

この義務に反すると罰則を科せられます。
それは20万円の罰金もしくは科料です。
狂犬病ついて国内での感染は近年確認されず、海外で掛かった事例が数件あります。
狂犬病は非常に危険な病気で、治療法がありません。
発生を抑制することが大切です。
狂犬病の予防接種必ず受けましょう。

飼い主が飼い犬とともに引越しをすることも有ります。
その場合には、既に交付されている観察と注射済票を引越し先の市区町村に持っていって住所変更の手続きを行わなくてはなりません。
登録の変更だけですので費用は掛かりません。

犬の飼い主が変わった場合にも、当然登録の変更が必要です。
この義務に反するとやはり罰則が科せられます。



○PICK UP
トイプードルの育て方など、犬種による特徴を紹介しているサイトです >>> トイプードル